女もつらいよ。

「女もつらいよ。」のアイキャッチ画像

「30歳、バツイチ、子はいないが何故か子育て経験あり。」

一体誰がこのような人生になると予想しただろうか。

これは、かつて子供の頃描いていた未来予想図とは到底かけ離れた道を、ただ今絶賛独走中の私が語るノンフィクションである。

突如迫り来る顔面の悲劇

離婚という道を選んで二度目の秋を迎えた頃、私の顔面に突如として異変が起き始めた。

仲の良い友達とのお出かけ前の準備中に、鏡を覗き込んだその時だった。

「むむ・・・。」

「こんなに私の顔の毛って濃かったっけ?」

自分の顔面に起こっている悲劇に絶望しながら、鏡を片手にこれから会う友人に直ぐさまLINEを入れた。

「悲報。ヒゲが生えてきている。」

親友からは、この惨劇の衝撃を端的に物語るスタンプが一つだけ返ってきた。

それから私は、いつものように慣れた手つきで化粧を施しながらも自分に押し寄せてきているであろう絶体絶命の危機の理由を探った。

「保湿をしっかりしないでカミソリを使ってしまったからか…。」

「カミソリの使用頻度が多過ぎたのか…。」

恐らくそれらも顔の毛が濃くなる理由の一つではあるだろう。しかし、私の中でしっかりと納得できるだけの確信を得る理由はそこではなかった。

別れという道を経てからというもの、私は仕事(育児含む)に没頭する日々が続き、あっという間に季節は流れ、気づいた頃には一人の女性として「女」を意識する時間が無くなっていたのである。

それは、枯渇したオキシトシンをチョコレートを摂取するだけで補うには限界があるという現実を突き付けられた瞬間だった。

デートまでの険しい道のり

「このままではいかん!」と思い、直ぐさま部屋の窓を開けクローゼットの中を整理。いつもよりも倍の時間をかけて入念にスキンケアに励みながら、私は携帯を手に取った。

「よし、デートでもするか…。」

ため息交じりの私のこの小さな覚悟は、自発的なものというよりは、自分の顔面に今起きている悲劇への応急処置みたいなものだった。

時同じくして、有り難いことに最近デートの誘いが幾つかあった私は、重い腰をあげて早速彼らと日取りを決めるべく連絡を取り合った。

男性Aさんは、先日代官山を歩いていた時に偶然出会ったアメリカ人で、優しく大らかそうな雰囲気を持つ人だった。

そして、出会ったその場で懸命に「僕は4年前にサンフランシスコから日本に引っ越して、今はあそこのマンションに住んでるんだ。」と、代官山の中心地に堂々と聳え立つ大きく立派なマンションを指差した。

私は、彼が指差すマンションを眺め、内心“初っ端から自慢の仕方がえぐいな!”と思いながらも、「へぇ〜、そうなんだ。素敵なお家だね。」と返すと、彼は続けて「会社は○○証券で、丸○内で働いているんだよ!」と続けて自ら勤務先を明かした。

“うんうん、聞いてないけどね。”と心の中で呟きながらも、彼に対して特にものすごく悪い印象が無かった為、一応その場で連絡先を交換し食事をしようという流れになった。

すると、彼は日付と時間が決まった後直ぐに、「じゃあ、11月○日の18時に”代官山駅”で。」と躊躇なく場所を指定してメッセージを送ってきたのである。

人にとって捉え方は違うし、深読みをし過ぎの可能性もあることは承知の上だが、この何気ない一言に私の負のシグナルが揺れ動いた。

“何故、ディナーに招かれている側の私が、わざわざ代官山に出向かわなくてはならないのか。”

「そんな小さなことで…。」と感じる方もいるだろう。

しかし、事前に私は彼に都内在住でも代官山とは真逆の遠い場所に住んでいると伝えていたのにも関わらず、場所の相談は一切せずに自分の家の近所でディナーをセッティングするという行動に、私は嫌な予感しかしないのだ。それに、こういった類の話は決して恋愛に関することだけではなく、ビジネスでもよくある話だろう。

そして、そんな些細な彼の言動ひとつが色々な悪いことを連想させ、挙げ句の果てには芋づる式に初見の自己紹介さえ疑問に思えてくるのである。

聞いてもいないのに自分の住まいや職場を明かす事が、もしかすると彼にとっては自分のステータスや彼そのものの価値を証明するプレゼンテーションだったのかもしれない。

しかし、私にとっては彼がどこでどんな住まいに住もうがどこの会社に勤めようがどうでも良いのである。

勿論、肩書きも一つのアイデンティティではあるが、それが自己アピールの為の宣伝要素やステータスとなった瞬間に、私にはその人が一気に曇って見えてしまうのだ。

決して他人をジャッジしたいわけではないが、自分の身と心の安全の為に、今まで必死に30年の知識と経験を寄せ集め作り上げてきた恋愛辞書みたいなものでYesかNoを決めるしかないのである。

こうして私は、デートで得られるかもしれないオキシトシンへの可能性を捨て、結局は今顔面に起きている逃れられないヒゲ問題を真っ向から受け入れる道を選んだ。

苦労して一度上げた重い腰を再びゆっくりと降ろし、今日も変わらず癒しのネコ動画を見ながら、大好きなチョコレートを口に運ぶのである。