ホテルと旅館の良いとこ取り!札幌で本格的な温泉を楽しめるオススメの宿「ONSEN RYOKAN 由縁 」

「ホテルと旅館の良いとこ取り!札幌で本格的な温泉を楽しめるオススメの宿「ONSEN RYOKAN 由縁 」」のアイキャッチ画像

新型コロナウイルスにより自粛生活を強いられる事、早一年。

長い間、いつかまた戻って来るであろう明るい未来を想像しながら我慢に我慢を重ね、ひたすら家に引き篭もる生活をしていたが、菩薩級の器の広さを持つ私でさえ、流石に“んもぉ〜我慢の限界じゃ〜!!!”という事で、感染対策を徹底した上で、近場でちょっぴり気分転換をしに以前から気になっていたおしゃれ宿に行って参りました!

アクセスとデザイン

その名も、『ONSEN RYOKAN 由縁 札幌 』。

2020年8月にオープンしたばかりの新しいお宿で、札幌の他にも東京の新宿や代田にも展開しており、“ONSEN RYOKAN”という名前だけあって落ち着きのある和風のデザインながら、スタイリッシュさが際立つお洒落なジャパニーズモダンスタイル。

札幌駅や大通駅などの主要駅から徒歩15分以内でアクセス良好ながらも、繁華街ではないエリアにあるので、日頃の喧騒から少し離れてリフレッシュするには丁度いい立地。ただ、ビル風が強く吹く場所なので、雨や雪などの天候が悪い日は、札幌駅地下歩行空間の8番出口を利用する事をおすすめする。

また、ホテルの隣にはファミリーマートがあるので、このご時世でゆっくりとホテルに篭って過ごしたいという方も、すぐ近くで簡単な買い物が済ませられるのでとっても便利。

早速、暖簾をくぐって中へ入ると、レセプションは1階のエントランスを入ってすぐ真向かいにあり、外観と同様に美しい木材と石材を使用したナチュラルなデザインがとっても素敵。左手にはなんと囲炉裏もあり、寒い季節にもゆったりと暖まれるスペースも嬉しい!

(レセプションスペース)
(囲炉裏スペース)

レセプションでチェックインの手続きを済ませると、今回のお部屋のルームカードキーと大浴場利用時に使うカードキーの2種類が渡されるのだが、ここのルームカードキーがウッド調のデザインになっていて、これまた可愛い!こういった細かな部分にも、木材や石材などの自然の安らぎを彷彿とさせるインテリア同様の世界観が感じられる。

(左:おしゃれなウッド調のルームカードキー)

客室や大浴場用フロアへのエレベーターを利用する際は、このルームカードキーをタッチしてからでないとボタンが押せないという、セキュリティー万全なシステム。

間違っても、香港のホテルでこのシステムを知らずに、スタッフに「エレベーターが壊れている。」と言って赤っ恥をかいた私と同じ過ちは犯さないように!

(エレベーター内フロア案内図)

そして、エレベータ内のフロア案内図によると、2階から12階までが客室で大浴場が2階。今回の滞在では利用しなかったが、5階と9階にはコインランドリーもあるので、短期の宿泊だけでなく少し長い期間滞在をする際や、クリーニングに出すまでもないけど小さなものを洗濯したいという場合も安心。

お部屋とインテリア

個人的に、宿や家など生活する場所が高層階にある事にあまりメリットや嬉しさを感じるタイプではないので、今回はハリウッドツイン(24平米)という大人2名用のお部屋を予約。

どの部屋も大きめの窓があり景色も見えるので、少しでも高い位置から良い眺めをお部屋から楽しみたいという方は、高層階ダブルや高層階ツイン、コーナーダブルというお部屋を予約するのがおすすめ。

そして、今回のハリウッドツイン(7階)のお部屋がこちら。どどん!

ドアを開けて一歩足を踏み入れると、そこに広がるのはなんと無駄のない美しいデザイン!心の中で、自然と大改造!!劇的ビフォーアフターのテーマ曲「TAKUMI /匠」が聞こえてくるのである。クラシックな旅館だと、どうしても赤色や金色など濃く強い色を使ったデザインが多いが、ここは明るい色合いの木材とグレーやベージュなどの優しい色が多く使われており、これぞ「THE 癒しの空間」。

また、部屋の奥には大人2人がゆったりと座れるスペースが設けられており、旅館のお部屋によく見られる“広縁(幅の広い縁側)”と全く同じ構造で、和の文化を洋のデザインで落とし込んだ、日本らしいコンパクトで美しい空間が楽しめる。

(木材で作られた照明も可愛い)
(お部屋に用意されているお茶とお菓子)

ちなみに、お部屋に用意されているお茶は、緑茶ととうもろこしのひげ茶のティーパック。また、それに合わせて北海道限定の美味しいお菓子が2種類用意されているので、是非この機会に食べてみて欲しい。

写真のお菓子は、牛蒡のきんぴらをあられのスナックにした「ごぼうさん」。袋を開けた途端に広がる強烈なごぼう臭に最初はびっくりするのだが、お酒は勿論お茶とも相性が良く、一つ食べるとまた一つ…とついつい手が伸びてしまう何とも恐ろしいお菓子なのである。

そしてもう一つは、北海道でも長年絶大な人気を誇る「morimoto(モリモト)」のくるみ餅。先程の写真に綺麗さっぱり写っていない時点で既にお察しの方もいるかと思うが、私がこうして部屋の中を撮影している間に、既に私の母親の腹の中に消えていた代物である。母親曰く、「物凄く美味しい!」との事なので、是非ご賞味あれ。

また、お部屋の独立洗面台も広々としていて、アメニティには歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ、綿棒、ドライヤー、除菌ミストが完備。シャンプーやコンディショナー、ボディーソープもあるが、部屋に浴槽は無くシャワーのみなので、その点は要注意!

館内着とお風呂

お部屋のベッドの上には浴衣と帯、靴下が用意されており、客室内はもちろん、大浴場への移動など、館内は浴衣で過ごす事が出来る。寒い季節や肌寒い時は、お部屋に羽織もあるので安心。また、室内履きはスリッパではなく下駄なので、それに合わせて用意されている靴下も足袋風ソックス。普段、足袋のような二股の靴下を履くことがないので、更に旅行気分が倍増!帯も伸縮性があるタイプなので、着け心地も快適。

そして、大浴場で使う為のバスタオルとフェイスタオルの入った籠バックが事前に用意されているので、このお風呂セットと大浴場用のカードキーを持っていざ2階にある温泉へ!

更衣室で着替えを済まし、ドアを開けると広がるのはこの風呂景色。どどん!

想像以上に広い〜!!(驚)

しかも全体的に照明が暗いからすごい落ち着く〜!!(ホッ)

ホテル自体が割とコンパクトなサイズ感なので、勝手に大浴場もこじんまりしているのかと思いきや大間違い。この水風呂の向かいにはサウナもあり、ドアを挟んで内風呂の奥には半露天風呂と打たせ湯まであるというから驚き。そして、ここの打たせ湯が水圧強めで、凝りに凝った首や肩に効くぅぅぅうう!

ちなみに、ここは北海道登別市の「登別カルルス温泉」を使用しており、泉質は無色透明・無味無臭の単純温泉。しょっぱい系の温泉だと肌が若干痒く感じてしまう私にはピッタリ!お肌が弱く刺激の強い温泉が苦手な方も、ここなら安心。

そして気になる効能は、神経痛・脊髄、筋肉及び関節リウマチ・頭部外傷神経症・ 痔疾・ノイローゼ・皮膚及び外科疾患・更年期障害・肩こり・婦人病・胃腸病・自律神経失調症…。

“こっ…これってまさか、私の為に開発された温泉じゃないよね?(焦)”

と思わず動揺が隠せないほど、満身創痍の現代人にドンピシャな効能を持つ温泉なので、皆一旦パソコンとスマホはそっと閉じて、ズバリ黙ってこのお風呂に浸った方が宜しいかと存じますっ!!

ちなみに、後で知ったのだが、この登別カルルス温泉は半露天風呂のみで内風呂は温泉ではないらしいので、上記のような効能を期待する方は積極的に半露天風呂をお楽しみくだされ。

内風呂もてっきり半露天風呂同様にカルルス温泉だと思い込み、この乱れに乱れきった自律神経を整えたいという欲に溺れ、一心不乱に温泉ではない内風呂に長湯をした私にプラシーボ効果がある事を切に願う…。

そして、今回は宿泊したタイミングが合わず、残念ながら私は体験できなかったのだが、こちらの大浴場では定期的に季節や行事に合わせた「季節湯」というものが楽しめるらしい。もし、私があと1日早く宿泊していれば、血行促進により安眠効果や美肌効果が得られるという「桜湯」が楽しめたらしい。くっくく悔しいっ!!

季節湯が気になる方は、是非予約を取る前に公式サイトなどでスケジュールや内容を確認してみてくだされ!

また、ここの大浴場の魅力は登別カルルス温泉だけにあらず、お風呂から上がった後にも嬉しいポイントが…!どどん!

ドライヤーがDyson(ダイソン)やないかーーー!!(胴上げ)

なんと、VOGUEやVOCEなどの様々なアワードを受賞している大人気のヘアドライヤー「Dyson Supersonic Ionic」が完備されているので、髪を乾かす時間も圧倒的に速いし、熱ダメージから髪の毛を守り、マイナスイオンを放出してくれるので、髪トゥヤトゥヤ。

最近のホテルではSALONIAのドライヤーを導入しているところが多い中、このドライヤーが完備された宿はなかなか珍しく、“ダイソンのドライヤーを一度は使ってみたかった!”という方は是非お試しあれ。ちなみに、客室にもドライヤーが完備されているが、ダイソンのドライヤーは大浴場だけなので要注意。

そして、ヘアゴムやコットン、メイク落としや化粧水、乳液など、お部屋のアメニティよりも豊富なアメニティが大浴場に完備。荷物は極力持たず、ふらっと気軽に泊まりたいという方もこれなら安心!ただ、ここのアメニティで用意されている基礎化粧品ラインは割とサッパリ系だったので、乾燥肌の方や温泉効果で手に入れたモチっとツヤ肌を可能な限り持続させたいという、私と同様に欲張りな方は、日頃使っているご自身の基礎化粧品を持参するのがおすすめ!蒸発と乾きは永遠の敵!

隠れた名品

さて、このお宿の魅力は無事皆様に届いただろうか。

そして、最後にもう一つだけこの宿に関してお伝えしたい事がある。

それがこちら。どどん!

そう、水なのである。(マジか。)

まさか、お部屋に用意されているお水が美味しくて、わざわざ記事で紹介したいという気持ちが起きるなんて自分でも想像していなかったので、写真の水が飲みかけの状態で非常に申し訳ないのだが、これが本当に美味しいのである。

ここで用意されているお水は北海道寿都の黒松内銘水で、市販されているもので有名なのが「水彩の森」である。北海道の方ならスーパーなどでよく見かけるかもしれない。

“たかが水だろう!”と思う方も多いかもしれないが、黒松内銘水に含まれるミネラル成分には、豊富なカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム等。その中でも、特にカルシウムとマグネシウムの値においては、なんと国内最大値!!

栄養成分表示(100mlあたり)

  • タンパク質、脂質、炭水化物:0g
  • ナトリウム:1.78g(食塩相当量:0.005g)
  • カルシウム:2.72m
  • カリウム:0.49mg
  • マグネシウム:0.94mg
  • 硬度:105mg/L
  • ph値:7.9

中硬水に分類されるこのお水は、日頃飲み慣れているであろう一般的な軟水よりも硬度が少し高いのだが、「流石にコントレックスやエビアンまで強い硬水だと飲みにくい!」という方に、特におすすめしたい丁度いいバランスのお水なのである。

硬水は、軟水と違って動脈硬化の予防や便秘解消効果があると言われており、脂肪を燃焼しやすい体づくりにも最適。ダイエットや健康面が気になる方は是非、この宿に用意されている北海道のお水も飲んで頂きたい!

ちなみに、「元々お腹が弱いんです!」というチーム・OPP(お腹ピーピー)に所属している方々は、このお水を飲み過ぎる事で余計にお腹が緩くなってしまう可能性もあるので要注意!ご自身の腸とよく相談して飲んでくだされ。

「こんなにこだわりのある宿なんだからどうせお高いんでしょ…?」と思うかもしれないが、もちろん宿泊するシーズンやどのお部屋を取るのかにもよるが、なんと2人で1泊¥7,000円台から泊まれるという奇跡爆誕!とっておきの日の為のラグジュアリー使いというよりは、もっとカジュアルに楽しめて気軽に利用できるコスパの良さもポイント!

終わりに

このお宿はチェックアウトが11時と遅めなので、朝にもう一度ゆっくりと温泉に浸かってのんびり過ごしチェックアウト…。のはずが、まさかの母、ホテルの何処かでピアスを片方失くすという事件が発生!

部屋や大浴場など可能な限り二人で探してみたものの、小さなフープピアスは結局見つからず、母も「そろそろ新しいピアスでも着けなさいという暗示かしら。」と、何とも悲しい表情。

あんな小さなものが施設内のどこかに消えてしまったら、もう見つからないだろうとほぼ諦めてはいたものの、ダメ元でチェックアウトの際、フロントのスタッフの方にピアスを片方だけ落としてしまった旨を伝えて私たちはホテルを後にした。

すると、1時間半後に私の携帯に電話が鳴った。

「窪様っ!!ピアスが見つかりましたっ!!!」

ぬぁあんですとぉぉおおおおおお?!?!?!?

チェックアウト後にホテルの客室や大浴場などの清掃の際、なんとスタッフの方が失くしてしまった片方のピアスを奇跡的に見つけて下さったのである。んもぉ〜こちらのスタッフの方々は、神様の化身か何かなんですか…?泣

結局、後日改めてお宿へ伺い、スライディング土下座で直接ピアスを受け取ったのですが、これまた丁寧に封筒と紙袋に入れて保管しておいて下さり、最後まで嫌な顔一つせず笑顔で見送って頂きました。

スタッフの皆様、本当にありがとう!!また絶対に泊まらせて頂きますっ!!

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌 公式サイト
https://www.uds-hotels.com/yuen/sapporo/#top

この記事を書いた人

Yurika Kubo

Yurika Kubo

メイクアップアーティストから単身ヨーロッパへと旅立ち、イタリア・ミラノにてファッションモデルに転身。その後、タイやシンガポールなどの東南アジアでもモデル活動をした後、帰国後はクリエイティブディレクターとして活動中。

投稿者の記事一覧

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA